止水プラグ EA930PB-35 35mmx1m発泡ポリエチレン丸棒(10本)

EP930PB-35

EA930PB-35 35mmx1m発泡ポリエチレン丸棒(10本) (EP930PB-35)

定価(税込)
¥3,727
販売価格(税込)
¥3,727
在庫状態 : 在庫有り

●シーラント用バックアップ材〈発泡ポリエチレン丸棒〉
●用途…建築場面のジョイント部、精密機械の包装緩衝材の用途で活躍します。
●特長…硬すぎず、柔かすぎず、柔軟性に優れ耐薬品性にも優れており、シーラント効果を高め理想的な二面接着を実現します。
 
「その他紹介」
 
高度浄水施設とは、通常の浄水処理方法では十分に対応できない臭気物質、トリハロメタン前駆物質、色度、アンモニア性窒素、陰イオン界面活性剤などの処理を目的として導入する活性炭処理施設です。
 
都市近郊で水を使用する工場や事務所ビル、マンションなどが増え始めたため、止水プラグ水の需要は急増していきました。しかし、その水は上水量不足や水道料金などの問題から地下水に頼る例が多くありました。
 
分解性有機物分解性有機物の汚泥への転換量の和から汚泥の自己分解量を引いたものであるのでBD負荷によって変化しBDSS負荷が小さいほど余剰汚泥発生量も小さくなる。こ硝化反応制御長時間です。
 
カロセル型の写真を示す汚泥の発生量も少なくしかも安定化している。ため汚泥の取り扱いが容易で運転管理の利点が大きかったため小規模処理施設としてオランダ以外の国々にも広く採用される。こととなった日本ではこのオキシデーションディッチ法は日光市湯元処理場で昭和に採用される。こととなったなんでもにロンドンで開催された回国際水質汚濁研究会議に参加した日光市の市長さんがこのプロセスを現地で見ていたく感心しこれを導入する。こととなったという逸話が残っている。オキシデーションディッチ法は日本でも小規模処理施設として現在最も採用例の多い。

数量